[WordPress] AddQuicktagが表示されない?

「AddQuicktag」をインストールしたけど表示されない…
とお悩みの方向けの使用方法を解説します。

「AddQuicktag」と言えば、ブログを書いている人の多くが知っている必須級のプラグインです。

しかし、インストールしたのに表示されず、どうやって使うかが分からないと言う人は少なくないと思います。
私も同じ状況になりました。。。
そんな人のために解決方法を簡単にまとめました。

スポンサーリンク

AddQuicktagが表示されない?

まず、なぜ「AddQuicktag」が表示されないのか。
原因はWordPress5.0でブロックエディターに変更があり、
旧エディターで使用出来ていたプラグインが
対応しなくなったためだと考えられます。

そこで問題を解決するために、
旧エディターを使えるようにする
プラグイン「Classic Editor」 を使用していきます。

Classic Editorのインストール

「Classic Editor」をインストールします。

「プラグイン」→「新規追加」から「Classic Editor」
検索してインストールしてください。
その後、有効化することを忘れないでください。
この状態で旧エディターを使えば、
「AddQuicktag」が使えるようになります。

Classic Editorの設定を変更

「Classic Editor」の設定を変更していきます。
正直設定することはほとんどなく、
好みのレベルだと思います。

変更するとしたら、以下の2項目だと思います。
「すべてのユーザーのデフォルトエディター」は
新規投稿の編集を始めるときのエディターの選択です。
基本的にブロックエディターでいいと思います。

「ユーザーにエディターの切り替えを許可」に関しては
デフォルトで「はい」になっていると思いますので、
「はい」を選択した状態で設定を保存してください。

AddQuicktagの設定を行う

「Classic Editor」を使ってみる前に、
「AddQuicktag」の設定がまだの人は設定を行いましょう。
試しに目次のHTMLでも登録してみましょう。
「ラベル名」を目次にして、「開始タグ」にHTMLを記述します。
チェックボックスは基本的に全てチェックしておいて構いません。
設定を保存して終了になります。

目次のHTML記述方法は↓

Classic Editorの使い方

それでは「Classic Editor」を使ってみましょう。
新規投稿でタイトルの下のプラスボタンをクリックすると
以下の画面が表示されると思います。

デフォルトは「よく使うもの」が開いているので、
閉じて「フォーマット」を開いてください。
すると、以下の様に「クラシック」が表示されるので、
クリックしてもらうと旧エディターのブロックが作成されます。
次回からは「よく使うもの」に「クラシック」が追加されていると思います。

AddQuicktagの使い方

上で開いた旧エディタの「Quicktags」から、
先ほど登録した「目次」を選択すると登録していたHTMLが記述されます。
あとは、「HTMLとして編集」に切り替えて確認してみてください。
これだけで一瞬にして目次が完成します!

まとめ

「AddQuicktag」を使うことでブログの執筆が早くなります。
現在は「Classic Editor」がないと使うことが出来ませんが、
それでも使う価値のあるプラグインではないでしょうか?
さまざまな機能を使いこなして爆速でブログ投稿出来るようなりましょう!

おおすめの書籍

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)



スポンサーリンク

フォローする