[RX-7]FD3Sプラグ交換

どうも!Rotteno(ロッテノ)です!

今日は私の愛車であるFDのプラグ交換をしていきます。
寒くなってきたのですでに交換した人も多いかな?
ジャッキアップして下から行うことも出来ますが、
私はそんな道具はないので上からやりました!笑
※作業を行う際は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

準備するもの

・純正NGKスパークプラグ(BUR9EQ×2、BUR7EQ×2)

・20.8mmプラグソケット
・ショートラチェット

(合計1万円弱くらいかな?)
以下にAmazonの商品リンクを貼っておきますので、準備に必要な際はぜひ!


NGK スパークプラグ RX-7 FD3S用 BUR9EQ×2 BUR7EQ×2 1台分セット


KTC(ケーテーシー) コンパクトショートラチェットハンドル 9.5mm (3/8インチ) BRC3S-H


SK11 スパークプラグレンチ 差込角9.5mm 20.8mm S3A-20.8PM

プラグ交換

まずはプラグの位置を確認します。
正面から見てエンジンの右側に4本のプラグがついています。
下の画像の囲んである部分に水色のプラグキャップが確認出来ます。
(見辛いですが…)
※上がトレーディング(プラグにTと書いてある)、
  下がリーディング(プラグにLと書いてある)です。

1.プラグキャップを外す

それぞれプラグにプラグキャップが着いているので外してください。
古くなっていたらプラグキャップも交換しましょう。
狭いところに腕を突っ込んで手探り状態になるかと思います。
力が入りづらく中々抜けませんでした。笑
頑張ってプラグから引き抜きましょう!

2.プラグを外す

プラグが現れたらショートラチェットを突っ込んで外していきます。
これまた固く締まっていて力を要します。
渾身の力で取り外してください。笑
新品と比べると一目瞭然。真っ黒になっていました。

コマメに交換はした方がいいですね…

3.プラグの取り付け

それでは新しいプラグの取り付けです。
もう一度以下の確認。
※上がトレーディング(BUR9EQ)、下がリーディング(BUR7EQ)です。
まずは手で回せる限界まで締めてください。
次にショートラチェットで3/4周締めます。
取り外したときと同じく渾身の力で。笑

全て取り付けが終わったらプラグキャップを着けるのをお忘れなく!
カチッと言うまで押し込んでください。

以上でプラグ交換作業は完了です。
ちゃんとエンジンが始動するか確認をしましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございました。良かったら他の記事もお願いします!

スポンサーリンク

フォローする