【Python】 Leet文字列変換

今回は文字の置き換えを使ってLeet文字列変換をやっていきます。

簡単な内容ですぐに読み終わるボリュームだと思うので、
本記事を読んで実行してみてください!

スポンサーリンク

Leetとは

Leetについて知らない方のために簡単に説明すると、文字列のアルファベットを形の似ている数字、記号に置き換える表現のことです。下に例をのせておきます。

Leet文字列変換

Leet文字列変換はとても簡単で、変数に格納した文字列をLeetを使用した文字列に変換するだけです。文字の置き換えを使用してLeet文字列に変換をしてみましょう。

今回は「Rotteno」という文字列を「R0++en0」という文字列に変換してみたいと思います。oとtをそれぞれ、0と+に置き換えます。

手順は以下の2つだけです。
1. str.maketrans()関数を使用して文字の変換テーブルを作成
2. translate()メソッドを使用して文字の変換テーブルをもとに、
文字列を変換

最後に出力して確認してみてください。

それでは早速実行してみましょう!
以下がコードの実行例になります。

text = 'Rotteno'  #変換前の文字列(筆者の名前)
m = str.maketrans({'o':'0', 't':'+'})  #置き換える文字を定義
t = text.translate(m)  #文字を置き換えて変数tに代入
print(t)

出力結果
>>>R0++en0

まとめ

文字の置き換えの具体例としてLeet文字列変換をやってみました。特に難しい内容ではないと思うので、すぐに応用して使ってもらえたらと思います!

おすすめの参考書

みんなのPython 第4版【電子書籍】[ 柴田 淳 ]


スポンサーリンク

フォローする